2005年06月25日

名画の迷路に迷い込んでみるのも

タイトル:偽りの名画
著  者:アーロン・エルキンス
出版社 :ハヤカワ文庫

美術館の学芸員クリス・ノーグレンを主人公としたアートミステリー。骨探偵で知られるエルキンズの別シリーズだが、骨探偵の鼻持ちならなさ(はっきり言ってウンチクおやじ)にへきへきしている方にも、主人公のノリの軽さとおまぬけさはお楽しみいただけるはず。

さまざまな名画をテーマとしたアートミステリーや特定の時代を舞台とした歴史ミステリーが大好物で、その手のものにはすぐ手が出てしまう(ただし、例の××コードは読んでいない)。歴史ミステリーは、密偵ファルコのシリーズ(光文社文庫)や以前ここでも紹介したブラザー・カドフェルのシリーズなど大好きなものが多い。

ところが、アートミステリーはなかなか好みに合ったものが少ない。一般的な評価とは異なるのだろうが、押し付けがましい衒学趣味がまずイヤ。ミステリーとしての骨格が不十分に感じられることも。

それに名画そのものと謎が直接結びついているものは意外と少なく、こじつけ?といいたくなるような作品も。でも、このシリーズは花丸付きのお気に入り。謎は魅力的だし、知識のちらつかせ方もスマート。とにかく、〈大げさ・大上段・押し付け〉のイヤミ3要素がない。
つまり「どうだ、俺はすごいだろ」と言いたいだけで読者を回り道させる、原稿の枚数稼ぎ&勿体つけがない。これはけっこう素晴らしいこと。

妻と離婚係争中(つまり、財産分与や慰謝料の額を決める条件闘争)の主人公クリスは絶不調。見かねた館長の計らいで、第二次大戦中ナチスが略奪した名画の展覧会開催のためにドイツに行くことに。
しかし、ドイツでは一日に二回ワイシャツを着替えるほど潔癖で、すべてが貴族的な上司が「この中に贋作がある」と言い残し、謎の死を。それは、売春婦を連れてうらぶれた路地裏の、いかがわしいホテルにチェックインし、部屋の窓から墜落するという、およそ男にとって最悪のパターン。
贋作をつきとめることが、上司の死の解明につながると調査に乗り出すクリスだったが、自分も銃で狙われたり、爆弾を仕掛けられたり、ミケランジェロの絵で殴られたりと散々。
贋作と疑わしき絵は、ティッツィアーノ、フェルメール、エルグレコ、デューラー、フランチェスカ、モネ、コロー…豪華ラインナップ。名画の作り出す迷路に迷い込んで、謎は深まる一方。

好きな画家ばかりで、わくわくしちゃうんですけど。

読後は意外性に打たれ、猛烈に絵が見たくなってしまう。このシリーズは、ルーベンスの絵の盗難事件を扱った「一瞬の光」★★★★、レンブラントの絵の真贋をテーマとした「画商の罠」(★★★★)の計3作品。いずれもハイレベル、はずれなし。

おすすめ星(5段階)★★★★
posted by gsks at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。