2005年05月16日

カッコいい探偵小説が読みたくなったら

友達が夫の浮気を疑いだした。けれど、すべて状況証拠ばかりで、問い詰めても「まったく、ありえない」と全否定(どんな証拠つかまれても決して認めないというのが男の法則か?)。そこで彼女、探偵というか、調査員というかを雇って、休みの日に出かけた夫をツケさせた。電車を発車間際に飛び降りるという玄人はだしのワザ(この夫、ただ者じゃない…)で、その探偵はあっけなくまかれてしまったのだとか。本当に探偵だったのだろうか…。現実の探偵って、この程度? 探偵はミステリーで出会うもの?
そこで、自分が探偵を雇うなら、こんな探偵を雇いたいと思わせるミステリーが「偽りの街」のベルンハルト・グンター。ただし、夫の浮気調査には向きません、だって決して知りたくないことまで探り出してきそうだもの(実はオッパイ・フェチだとか…)。

タイトル:偽りの街
著  者:フィリップ・カー
出版社 :新潮文庫

ナチスが支配する、第二次世界大戦直前のベルリンを舞台としたミステリー。ベルリン・オリンピックを間近に控え、華やぎと高揚、そして破滅の予感が街を埋めてゆく。どうしようもなく退廃的で、危険に満ちて、誰もが神経をぴりぴりさせながら平静を装う、神経症寸前のベルリンの表情は魅惑的で心ひかれる。登場人物は誰もが一癖どころか三癖も四癖もありそう、ひねくれ気味で、それでいて都会的。

「偽りの街」は、元刑事の私立探偵グンターが放火殺人事件の謎を追うハードボイルド。どんでん返しあり、続編へと続く女性問題ありと盛り沢山。連続美少女殺人犯を追う「砕かれた夜」★★★★はユダヤ人弾圧の契機となったクリスタル・ナハトを背景に、かつて追われた警察に復職したグンターの警察小説。「ベルリン・レクイエム」★★★★は、敗戦によって分割統治されるベルリンにうごめくスパイやナチの残党と渡り合うグンターを描くスパイミステリー。カーはとにかく芸達者。シリーズ3作をそれぞれのテイストで描きあげている。もっとも他の作品は、このベルリン・シリーズほど完成度が高くないように思えるのだが…。

おすすめ星(5段階)★★★★
posted by gsks at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。